BLOGブログ

リフォーム・リフォーム事例・その他 2019.01.29

松戸市 アパート外構工事

北風ビュービュー、北風小僧の寒太郎が今年も町までやってきていますね。通りで寒いわけです。そんな寒さ厳しき折、皆様お変わりございませんか。インフルエンザも流行中なので、お気を付け下さいね。


さて、この度ご依頼をいただきました工事は、アパートの外構工事で、古いブロック塀を撤去したのち、新しく塀を新設する工事になります。↓ こちら工事後の外観!素敵です!



ご依頼のきっかけは、隣家が建替え新築工事をしていて、その際、境界にあたる共有壁も綺麗に仕上がっていく様子を見て、「 この機会に、アパートの外構も一緒に新しくしよう!」とお考えになられたそうです。そして、ちょうどタイミング良く松戸市からブロック塀除去に対する補助金も出るということも後押しとなり、工事着工となりました。



こちら工事前のブロック塀。傾きが見てとれます。


ブロック塀の耐用年数は、30年程度とされています。高さがある塀で、傾き、ひび割れ、ぐらつきなどの劣化症状がある場合は、大きな地震時に倒壊の危険性もでてくるので、注意、対策が必要です。



解体作業中




既存のブロック塀を撤去後に、基礎工事が始まります。家を建てる時の基礎工事と同様に、ブッロク塀の工事も基礎がとても重要で、強い塀には強固な基礎が必要不可欠になります。



基礎は鉄筋コンクリート造とし、基礎の土への埋め込みの深さは35㎝以上とします。縦筋は基礎から壁の上まで1本の鉄筋で立ち上げます。


 



ブッロクが積まれ上部にフェンスが取り付けられました。通風もGood!


以下、同じアングルで 



↓ Before からの After




↓ Before からの After



外構が新しくなると、家も若返って見えます(^^)以前のブロック塀から、フェンスにすることで防犯性も高まり、すっきりとした印象になりました。


… 隣の家?どこかで見覚えが?とお気付きになられた方!そうです。実を言いますと隣家というのは、以前ブログで紹介させてもらいました、ogawa工事の新築、S様邸になります。


W様、この度のご縁に深く感謝いたします。お声掛けくださり工事をさせていただきましたこと、誠にありがとうございました(^^)


 

たかはしゆうこ
投稿者 : 高橋優子(たかはしゆうこ)