BLOGブログ

お知らせ・リフォーム・リフォーム事例・キッチン・LDK・浴室・洗面・トイレ・その他 2019.07.12

はじめまして。現場監督のルークです!

今日も1日安全第一でがんばるワン!


… そして早くぼくと遊んでほしいなっ ♡ … と、大工さんをじっと見守る Y様邸現場監督の愛犬ルーク君。



この度、松戸市にお住いのY様邸の改修工事を行いました。


施工箇所 → キッチン、浴室、洗面台、ガラスの交換。アンテナ工事。和室床や襖の貼り替え( 工期:2週間、費用:約330万円 )


↓ こちら既存キッチン撤去後の背面壁になります。いきなりクイズです!①~⑦は何でしょうか?



正解は! ①キッチンの排水 ②給湯管 ③給水管 ④自動水栓用の電源 ⑤食洗機の排水 ⑥食洗機の電源 ⑦キッチンの横型コンセント になります。昭和の時代は①②③のみでしたが、平成に入り食洗機の普及やシステムキッチンの機能向上に伴い④⑤⑥や⑦の配線も必要となりました。


ちなみに、給湯管②が左に、給水管③が右にというように位置は必ず決まっています。ご家庭の水回りの水栓のレバーも同じように右に回せば水、左に回せばお湯が出るという仕組みがここにあります。


アフター



新しくなったキッチンの充実の機能を一部紹介したいと思います。


まず1つ目、近年のレンジフードはお掃除がとっても楽だということ!従来ファンの形状とは異なり、内部の構造と働きによりフード内部が汚れ知らず。面倒なお手入れがいらないという点です。2つ目はシャワー水栓がセンサーで自動で吐水・止水するという点。手動で操作するよりも、効果的に節水できるため、賢く楽にエコを実現できます。3つ目はシンク内に2段のサポート用レーンを設け、そこに設置するプレートにより調理スペースを拡張したり、食材の水切りをしたり、作業目的に合わせてシンク内を立体的かつ効率的に使えるという利点があります。



 


このように、キッチンだったりお風呂、洗面、トイレ等、一昔前より格段に機能がアップした魅力的な設備が多く出回っていますので、リフォームをお考えの方は、一度ショールーム見学をしてみるのも面白いかもしれません(^o^)丿



解体中からの、新しいUBが入りましたよ!



続きまして、新しい洗面台です。



Y様は、ルーク君の為に、散歩後に帰宅してそのまま足がすぐに洗えるような、洗面ボウルがフラットなものをお探しでした。何件もショールームを見て回って、やっと見つけたのがこちら!



洗面ボウルはスクエア型の平らで深さもあるので、ご覧の通り☆



ルーク君すっぽり収まりました!


いきなり洗って怖がってしまうといけないので、何度か練習を重ね …



「 もう平気だよ! 」


練習の甲斐もあって、本番では嫌がることなく素直に足を洗わせてくれた、おりこうなルーク君!


水回りの設備も一新しリフォームをしたことで、ご家族様、ルーク君にも、より快適にお過ごしいただけることと思います。この度は工事のご依頼、誠にありがとうございました。

たかはしゆうこ
投稿者 : 高橋優子(たかはしゆうこ)