BLOGブログ

お知らせ・その他 2019.12.19

限られた敷地の中で、家族の望みをぎゅっと紬いだお家

早いもので年の瀬も押し迫ってまいりました。大掃除、年賀状の発送、クリスマス、お正月の準備にと大忙しの毎日が続きそうです。そして、寒い…。日を追うごとに寒さが募ります。北風小僧の勘太郎が、今年も確実に町までやって来ているのは間違いなさそうです。皆さま、風邪など召されませぬように、お身体には気を付けてくださいね。


さて、この度完成を迎えました新築住宅、柏市のK様邸をお祝いしますと同時に、お写真で紹介していきたいと思います。



奥さまのお気に入りは、2階LDKに入った瞬間に目に入る、無垢のナラの床材と小上がりの畳部分です。こちらでは、まだ6ヶ月のお子様が小上がり畳を支えにして、満足気につかまり立ちをしているそうです。そのかわいらしい光景が目に浮かばずにはいられません。1,2、1,2 きっと歩くようになるのも早いかもしれませんね(^^)



 



 


折り畳み造作カウンター












 


K様ご夫妻との出会いは、松戸のモデルハウス“ そらどまの家 ”の見学でした。木材を多く使用している自然な感じを気に入ってくださり、契約する決め手となったとお伺いしました。



K様邸は、敷地面積84㎡と限られた敷地の中で、うまく要望が収まるよう設計しました。注文住宅は1からつくり上げる喜びがありますが、それと同時に細部まで決めていかなければならない大変な面もあり、ひとつひとつの箇所を旦那さま、奥さまが時には悩み、時には談笑しながら選ばれていました。そうして決定されたものがS様邸では、しっかりと息づきセンス良くまとまっています。また、リビングには折り畳みの造作カウンターもあり、限られた空間を有効に活用できるように工夫しています。そして、畳枠部や造作カウンターの角など、大工さんがお客様の安全面を意識し、しっかりと面を取っていることも、お施主様のお気に入りだそうです。


約5か月間にわたる工事期間を経て完成した、家族の想いが詰まった素敵なお家です!これからもご家族様が安心して過ごせますよう、生涯にわたり責任を持って定期点検に伺わせていただきます。K様の新生活が、笑顔あふれるものとなりますように。社員一同、心よりお祝い申し上げます!ありがとうございました(^^)

たかはしゆうこ
投稿者 : 高橋優子(たかはしゆうこ)