BLOGブログ

リノベーション・松戸市・K様邸 2021.01.26

リノベーション・松戸市・K様事例その6【耐震補強・断熱工事】(築40年・耐震・断熱・間取り変更)

前回に続き、今回もK様邸のリノベーション事例について綴っていきます。


■リノベーションの概要
空き家になっていたご実家を息子さんご家族がリノベーションした事例です。
築40年ほどで、当時として立派な住まい。入院中のお父様が週末に帰ってこられるように、今後息子さんご夫婦も長く住み続けるられるように、耐震・断熱性を高めて、大きく間取り変更を行います。


今回は、耐震補強と断熱工事の様子をお伝えいたします。



2021年1月は、耐震補強と断熱工事を行いました。



まずは1階の寝室からお手洗いの方向を見てみます。



地震に対する耐力を持たせるため、写真左側に見える筋交いという斜めの部材をいれていきます。
床は断熱材の上から構造用合板を敷き詰めてフローリングを貼る下地をつくりました。




こちらは、天井の吊り木(野縁)。



梁・桁組みの下に、天井ボ-ドを貼る為に、格子状に木材を組んでいきます。
その格子状を支える(梁から支える木)を吊り木と言います。




現場に高性能グラスウール(断熱材)が届きました。



天井と家の外周部に高性能グラスウールを詰めます。
敷き詰める厚さは105mm。




天井と外周部に高性能グラスウールを詰め終えました。





今回も無事に、耐震補強と断熱工事を終えることができました。
松戸市K様邸のリノベーション事例は、引き続きブログにてお伝えしてまいります。



広報担当
投稿者 : ウェブ管理者(広報担当)